ハーフの親は海外から日本へ移住することに疑問を抱いている?

ハーフ 親

懸念を抱くことなんてない!そう思われる方がほとんどだと思いますが、実際に日本へ移住することに対して、疑問を感じていらっしゃる方も中にはいるようです。

実際には、どのような疑問を感じられているのでしょうか?

そして、その疑問は本当に正しいことなのかをみていきたいと思います。

ハーフの日本へ移住は難しい?

日本で暮らすということ

まず、ハーフだからという理由ではなく一般的な部分のお話から。

日本で生活をするとなると、まず“日本語をしゃべる”ということが重要な要素となってきます。

日本は2020年東京オリンピックが近づいていることもあり、多くの部分で外国語に対応するような動きをしはじめていることは確かですが、それは首都圏や大都市に限ったことであるような気がしてなりません。

実際に日本語をしゃべれない場合、首都圏でも住みづらいと思うことは多々あるようで、郊外になってくると余計にその部分を感じることが多くなってきてしまうかもしれません。

まずは、日本語へどれくらい対応することができるのかということがポイントとなってくると思います。

ハーフ 親

人と違う部分に違和感を感じる人

今ではハーフは一般的となってきており、海外の方も多く日本を訪れるようになってきていることから違和感を感じられることは少なくなってきているように感じますが、未だに少し違う目で見る方もいらっしゃるようです。

珍しいこともないのに視線を感じることがたまにあり、それを気にしてしまったり慣れることができなければ少し生活をするのが辛いと感じる方も中にはいらっしゃるかもしれません。

実際に、そういった場面にでくわすことはほとんどないですし、直接個人に影響が及ぶことは全くないので、もちろん心配をする必要はないように感じます!

子供の年齢にもよる?

社会では一般的になりつつあるハーフの存在でも、小学生以下になってくるとまた環境が少し変わってきます

このことに関してはなかなか難しい問題で、必ずしもそういった状況になるとは限らない上にそんな状況に一切ならなかった子供も多いので心配をしすぎる必要はないように感じますが、このような状況があることもまた確かなようです。

本当に心配な場合は、小学校の中でもこの問題に対応していてほとんどハーフが違和感を感じることなく生活できる小学校もあるようなので、そういった場所に通わせてあげることがよりいい生活を送らせてあげられることにつながるのかもしれません。

ハーフ 親

実際には問題はない!

ここまでは、移住する際に起こりうる問題を書いてきましたが、実際に数多くのハーフが世の中にはいらっしゃいます。

そして多くの方がなにも問題を感じることなく生活できているのが現状です。

もしも、自分の子供が移住したときに問題に巻き込まれたらどうしよう…と悩んでいる方がいらっしゃるのであれば、それほど神経質になることもない問題であるはずなので、新たな環境を子供にも与え、大きな成長を与えてあげるのもいいことなのかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA